スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前向きの「前」というのはどっちの方向? - I'll do everything I can. 

 Q 「前向き」の前ってどっち方向?

 よく、
 前向きじゃないとか、
 後ろ向きな考えだとか、
 本人は前向きなつもりだが周りからみたら逃げてるだけだったりとか、
 「前向き」って本当に難しいと思う。

 前向きさんが集まるところをのぞいてみても、
 「ぇ~?」と思いたくなる「自称前向き」さんの「前向き?発言」もあったりして、
 謎が多いなぁと思っていた。

 自分で前向きというだけじゃ前向きにはならなくて、
 かといって前向きと思わないと前向きになれないわけでもなくて、
 何が違うのかと考えていたけど、
 それが見えた。

 自分で「前向き」と意識しないとなれないものではない、
 自分で意識しなくてもなれる。

 どうしたらなれるかって普通は考えることが多いけど、
 そんなこと考えてもなれない。

 さて、
 じゃあ、
 どうしましょう?

 前向きにきらきらしていると思う人をよ~く観察してみてきた結果は・・・。



 「よぉく考えよぉ~、
  それは大事だよぉ~。」



 気づいたことは、
 前向きな人は無駄に群れない。

 周りに人は集まってくるけど、
 「無駄に群れない」

 「無駄に群れない」=周りに依存しない

 「無駄」というのが境界線かもしれない。

 人はたくさん集まるけど、
 前向き力の強い人は、
 その人たちに依存しない関係が成り立ってる。

 自分が見えてる人のもとには自分が見えてる人があつまるから、
 お互い独立しててお互いを尊重できている結果、
 依存しなくていい程良いバランスの関係ができあがる。



 前向きに生きたいといいつつも悩みつまずいている人を見ると、
 自分と同じような悩み多き人と群れている。

 周りの人を見ると、
 お悩み相談仲間・痛み分け仲間がまわりを取り囲んでいる。

 その中で、
 「自分だけじゃない」という気持ちを共有する関係に依存しているのが浮き彫りになってくる。

 周りの「自分に近しい人」から、
 良い情報を聞き出そうと右往左往している様子がはっきり見て取れる。

 それでは望むように何も変えられない。



 仲間意識が強いと、
 先に誰かに良い方向に行かれると、
 自分は枯れた落ち葉のように感じ、
 相手の行く先を否定してでも引き留めるかそこにすがろうと、
 「ぬれ落ち葉状態」が発生する。

 第三者から見てるとはっきりしていることが、
 当事者にはまるっきり見えない。

 悩みとは、
 靄の中をさまようようなもの。

 まさに暗中模索。

 自分一人でなんとかできないと思うからこそ、
 誰かと手を取り合いたい。

 手を取り合った途端、
 自分の重荷をわけるかわりに、
 相手の重荷も受け取ってしまうことは忘れちゃってる。

 50/50の関係にしてバランスを取ろうとするのが普通の心理。

 受け取った荷物が重たいほど、
 相手にも重たい荷物を返す。

 コミュニティや掲示板などの手軽で気さくな集まりだとしても、
 例外はない。



 気軽に受け取ってもらっちゃダメだし、
 受け取ってもダメなのだ。

 重たい荷物を渡すとしたら、
 相手を選ばなくてはならない。

 爆弾処理の専門家か、
 処理する方法を知る人でないと、
 荷物は逆に増えていく。



 前向きは、
 自分を前向きだと無理に思いこむことはしない。

 自然な自分が自然に「前」を向いている。



 さて、
 その「前」という方向ってどっちだろう?

 前向きになりたいけれどなれない人の「前」は、
 なりたいという願望だけの方向

 前向きな人の「前」は、
 実現していく現実の方向



 本当に前を向いているのかどうかは、
 その人のまわりを見るととてもわかりやすい。

 その人のまわりに「依存気味の仲間意識」を持つ人や環境があるとしたら、
 その人の「前」は、
 願望だけを夢見る「前」なのだ。



 自分一人ではなんとかできない、
 これが明暗を分けている。

 自分の人生、
 自分の力でどうにかできないことは何一つない。

 自分の思い通りにならないことが、
 自分の力でどうにかできないこととイコールではない。

 思い通りにならないことだったとしても、
 それすらも自分の力でどうにかできる。

 自分が納得さえできれば、
 自分のことならば自分でどうにかできる。

 どうするかは本人に選択する自由がある。

 できないとしたら、
 自分が「できない」と自らリミッターをつけて、
 納得できないでいるからだ。



 考えすぎてるって他人からは簡単にわかっても、
 本人はちっとも気づけない。

 それは、
 考えて考えて考えてある程度いった時、
 はじめて「考えすぎてた」と気づくことができるものだから、
 そこまでいってない状態なら、
 本人が「考えすぎだ~」と認識できないんだよね。

 自分のことって、
 実は一番わからないものだから、
 一番難しいのだ。

 わからないとわかれば、
 単純なんだけどね。

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理人にだけ表示する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sunnyplacejena.blog105.fc2.com/tb.php/308-33615b5f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。