スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人格障害 - 自己愛性人格障害 

 自己愛性人格障害タイプとは・・・

 ・自分が世界一賢く、才能に恵まれていて、すべてにおいて最高の人間だという壮大な幻想にすがって生きている
 ・自分が他の人よりすぐれていると考えるだけではなく、他人は元々眼中にない
 ・自分の頭の中の世界における「伝説の偉人」のごとく存在している
 ・他人が普通にしたがっているのルールに彼らが従うと期待してはいけない
 ・厚顔無恥で大胆不敵
 ・利己的
 ・自分の利益と相手の利益が一致している限り、相手を自分と同じくらい立派な人物だと認める



 自分にとって利益があるかないかが関心事。
 「俺様一番・世界の中心」
 自己中心的なルールに従うため、世間一般的に他人が従うルールも簡単に無視する。
 利益がある相手はほめちぎるが、自分の地位を脅かすものや利益にならないと感じた途端、相手をこきおろす。
 自分が理解されないと感じた場合、「自分を理解できる程賢い者がいないから仕方ない」「愚か者には自分の価値はわからなくて当然だ」と認識する。
 女性より男性に多いと言われる。





 参考
 「あの人はなぜあなたを疲れさせるのか」アルバート・J・バーンシュタイン著

コメント

コメントの投稿















管理人にだけ表示する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sunnyplacejena.blog105.fc2.com/tb.php/304-88d7a70a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。