スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然の理 

 物事には順序があるのだと、
 あちこちから教えられる。

 なりたい自分に意識してなるのではなく、
 気付いたらなりたい自分になっていた、
 というのも、
 順番なのだと思った。

 以前は、
 なりたい自分になるために「これができるようにならないと」って思うようなことがいっぱいあった。

 無意識に沁みこむまで、
 意識的に繰り返し頭の中で覚えるのだと思っていた。

 でも、
 それは何かが違ってた。

 その何かの全てが、
 順番なのだと言うことが最近ようやくはっきりした。

 かすかに違う順序でも、
 思い描いた通りにならない。



 人は自分が思い描いたものをひきよせることができる。

 なのに思い通りにいかないのは、
 ほんのちょっと順番が違うからだったのだ。

 正しい順番を見つけられれば、
 無意識レベルのなりたい自分が自動的についてくる。

 なりたい自分になるために意識する部分が違ったんだ。

 そこにづいたら、
 全てがふきとんだ。



 それはまるで計算式のよう。

 いきなり方程式は解けない。

 方程式の答えを導くためには、
 正確な計算が必要。

 正確な計算は、
 足し算引き算割り算掛け算が出来て成り立つ。

 それと同じなんだ。

 途中の計算をあいまいにしていては、
 正しい答えを導けることがあったとしても、
 当然間違いは多くなる。



 具体的になりたいと思った自分にまだ到達できていなくても、 
 途中のひとつひとつにちゃんと満足できたなら、
 必死になって「なりたい自分」の幻をおいかけなくていいんだ。

 途中を大事にしていけば、
 いつかたどり着ける。

 最初から結果だけをもとめても、
 途中のスパンがぬけていたら、
 望んだ結果は出ない。

 途中のスパンが確実にひとつづつ進められたなら、
 結果は必然的についてくる。

 思った通りの結果だけ求めすぎてしまうクセがあればある程、
 途中で、
 思った通りにならないと感じてしまいやすい。

 その時その時進行形の内容を受け入れるることを忘れてしまいがちだったからなんだ。

 「高望み」を止めて、
 手の届くものをひとつづつ。

 それは自分の「許容範囲」を知るってことに他ならない。

コメント

そうですね。
そう思います。

コメントの投稿















管理人にだけ表示する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sunnyplacejena.blog105.fc2.com/tb.php/265-d54a47f3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。