スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別な存在 

 よく、
 「自分にとっては特別な存在。」という言葉を耳にする。

 恋愛中は特別な状況だと思うから例外としても、
 心に何か問題があるんじゃないか?と感じた人からでるこの言葉は、
 とても重たい雰囲気がある。



 私も前に違和感を感じたことがあった。

 私の中で「ほかの人より特別信頼できる。信じている。」など何か特別な気持ちがある相手は、
 時間をかけて徐々に心を開いたり積み重ねてきた結果の信頼になっていた。

 私が違和感を感じる人は、
 どの人も距離感が異常だと感じるという共通点に加え、
 物事の考え方の順序が私とは正反対な感じがある。



 私の場合は時間をかけて相手を知っていった結果、
 相手を信じる気持ちが強くなっていくのだけど、
 違和感を感じる人たちはそうじゃない。

 まずは特定の人を相手の人柄うんぬん以前の早い段階で、
 相手を信じるべき相手・将来的に関わっていく相手と決めてしまい、
 自分がこれからも関わると決めた相手が自分を理解してくれることを強く望む人が多かった。

 時間をかけて信頼するのではなく、
 「あなたはこういう人であるべきだ」という自分の願望を相手につきつけ、
 それに反する相手を糾弾したり自分の望みにかなわない人というレッテルで自分から蹴り捨てるような付き合いをしていることもよく見受けられた。

 その人たちは、
 特別な人はオンリー1で、
 自分にとって必要なはずの人になってくれる唯一の人と思い込んでいるように感じることも多い。



 数年前、
 「自分が相手をもっともっと好きになりたいから、
 自分の関わる全ての相手には自分の望んだような人に変わってほしい」といっていた人がいた。

 このときは何が違うのかはわからなかったけど、
 自分の中で違和感が大きくて、
 その人の気持ちが理解できなかったし、
 同時に言いも知れぬ恐怖感があった。

 相手が好きだから、
 相手がいい人だから、
 相手の望むようにな人に自分が近づきたいと、
 自分から思うのなら理解できる。

 自分が相手を好きになるために、
 相手には自分の望んだ通りの人柄になってほしいっていうのは、
 相手を人形にしたいだけなんじゃないかって思った。

 その人は、
 相手を好きになりたいんじゃなくて、
 自分の思い通りになってくれるお人形がほしいだけの人なんだなと感じて怖くなった。

 例え知り合いだろうが友達だろうが、
 自分に関わる相手の全てを支配したい人のような気がして、
 無意識にそういった人を警戒した。



 人格障害という考え方を知ったとき、
 それが人格操作という考え方だとわかって、
 あのとき感じた恐怖の意味がわかった気がした。

 「カカワッタ人ハ ミンナ ソウササレル コバンダラ 貶メラレル」



 自分にとってそういう人になってくれると期待するのはいいけど、
 それを強く望んだら押し付けに過ぎない。

 自分の願望を押し通したいだけの人格操作・・・。



 私は最近、
 「自分にとって必要な人だけが特別な存在」ではないって思うようになった。

 出会った人はどんな人も特別な縁。

 1億人もいる中から出会う人はかなり限られているから、
 出会って縁をつなぐだけで特別なのだと思う。

 ただ、
 特別なのにも種類があるだけなんだ。

 自分に何かを教えてくれるためだけの特別な人。

 幸せを共有したいと思える特別な人。

 自分の一生に深く関わる特別な人。

 いろんな特別があると思う。



 自分に何かを教えてくれるだけの人は、
 役割を終えたら当たり前のように縁は切れる。

 自分が長い時間関わることが許される人は、
 それぞれに継続した役割があるからずっとつながっていけるのかもしれない。



 自分が強く望む縁なら、
 その縁をゆっくり育てていけばいい。

 自分にとって不利益にしかならないようなもの(他人が吐いたタバコの煙みたいな?!)は、
 誰だってほしくないものだし。



 「自分はつきあう人を選んでますから!」と声高らかにいってた人がいるけど、
 それを聞いたときに「自分が選んでる」っていうのは、
 なんだか他人を見下してて偉そうで何様な感じがした。

 この人は「自分が選んでやった」と思って他人とつきあってる人なのかなぁ???って。

 そう考える人が今目の前にいるとしたら、
 そういう人に自分は選ばれたくないし選ばれなくていい。




 自分がどんなに望んでも相手にされないことだってある。

 自分は相手に選ばれているからこそ縁がつながるって思う。

 自分が選べるのは「どんなタイプの人か」といった漠然としたものだけなんじゃないだろうか。

 「この人がいい」って決めたって、
 相手に同じ気持ちを持ってもらえなければ意味がない。

 自分が引き寄せることができるのは、
 自分が望んだ人とは限らない。



 どんな相手でも縁をつなぐことがあれば、
 みんな特別な人。

 いろいろな種類の特別な人。

 役割を終えて去っていく人もいれば、
 継続してくれる人もいる。

 どの縁を大切に育てていくかは自分の心次第。



 今の私は、
 人と人との距離感を大事にできる人との縁を大切にしたいと思う。

 そのためには、
 そうできる自分にならないとね。


 特別じゃない人、
 特別じゃないことはこの世にひとつもない。

 特別がありふれているのが日常だって思えたら、
 今ここにいることだって、
 とても奇跡的なことだって思えるから。

 自分を大事に、
 「生きる意味」=「たくさんの幸せに気づくこと」をまっとうしよう。

コメント

コメントの投稿















管理人にだけ表示する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sunnyplacejena.blog105.fc2.com/tb.php/238-02d5b71b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。