FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人格障害」気質との関わりは自分がひきよせた結果である 

 私の身内には「本物級」におかしいと思う「自己愛な考え方の持ち主」がいる。

 その考え方がおかしいことと、
 どういう風におかしいかに気づいたのは去年だった。

 人格障害の考え方だ、とね。

 普通だったら、
 「人それぞれだし。」といいたいところだけれど、
 人格障害的な考え方の場合、
 あちこちに理論や行動に矛盾が見られるから、
 「何かがおかしいぞ?!」というところから違和感に気づく。

 それプラス行動化をしていたから、
 人格障害だったんだなぁと気づいた・・・。

 今まで、
 日頃「常識」を重んじている自分の親が「人格障害」だとは思っても見なかったし、
 思いたくもないし認めるのは困難だった。

 当然、
 自分がその考え方の影響を受けているなんてなかなか受け入れられなかったし、
 そのために自分にも認知のゆがみがあるなんて思えなかった。

 だって、
 「認知のゆがみ」の考え方が「正しい・常識」と言われて育ってきたのだから、
 自分が180度ひっくりかえるようなことでもあった。



 そのことに気づかせてくれたのが同じにおいを持った人「M」という人だった。

 その人に自分が振り回されたことで自我が壊れた結果、
 それを受け入れることが出来るようになったのだと今は思っている。

 荒療治をしてもらった気がする。

 気づかせてくれた人とは完全に縁が切れたものの、
 そのことに気づいてから、
 次から次に「人格障害的考え方」の人と接触が続き、
 人格障害的な考え方を持った人との縁が途絶えることがないような気がする。



 とうとう親以外に、
 身近にまた考え方にクセが出てきたと思った人がいた。

 会社の新人が悪いと愚痴を言ってきたので、
 「愚痴を言わない受け止め方になったほうが自分が楽じゃない?」と言ったら、
 「無理!」と即答された。

 「相手が全部周りのせいにしている。」と愚痴るその人自身、
 「その新人のせいにしている自分。」になっている様に感じたから、
 「人は変えられないけど自分の受け止め方を変える余地はあるんじゃない?」と言ったら、
 「考え方を押し付けている。」と言われ相手はイライラ絶好調に達して話をぶち切った・・・。



 少し前、
 このブログでも似たようなコメントのやりとりをしたので、
 正直少し悲しくなった。



 「押し付けてるととるのも自分の受け取り方次第だし、
 私は聞いたことから感じたことを意見として言っただけで、
 押し付けてはいないよ。」と相手に言った。

 「こうしたらどう?」というのは単なる意見や提案であって、
 しなければいけない訳ではないし、
 相手が間違っているといっている訳でもない。

 そういうひとつの考え方があるとして受け流すのも参考に受け入れるのも、
 いちいち自分とは違う意見に反発するのも自分で決めること。

 だから意見を言う人は、
 単に「そういう考え方の人なんだ」というだけでだと思う。

 ボーダー的考え方に思える人には時折、
 「考え方を戦わせて論破することに意味を見出す」人も見かける。

 そういう人は相手の意見をねじふせてたい願望から、
 自分の意見と他人の意見のどちらか白黒つけたがるから、
 押し付けているように感じられることもあるかもしれないとは思う・・・。

 考え方のゆがみといわれる物の根本に、
 「自分の考え方は(正しいから)変えたくない。」というものがあるように思う。

 「こうしなさい」というのは押し付けになるかもしれないけど、
 この人も少し前にこのブログにコメントをした人も、
 提案と押し付けをごっちゃにしていると思った。

 「何回も同じことを言って、
 押し付けてる以外の何物でもない。
 全然関係ない人にこんなことここで言っても無駄だから。」と言われた。

 出た!この展開パターンと正直思った。

 このブログにあったやりとりがフラッシュバックした。

 少し前のブログで、
 まったく知らない人から突然身内の人の愚痴らしきものを書かれたために、
 「愚痴らない受け止め方にしたらどうでしょう?」という提案をしたら、
 「意見を押し付ける。」と一人で喧嘩モードになっている人がいて、
 とても不思議に思ったから。

 知らない人間の私的ブログのここに、
 そのブログの趣旨に反した愚痴書いたことに対して、
 意見を返した内容を「押し付け」と思うなら、
 最初から書かなきゃいいのにと思ったものだった。



 似た展開・・・。

 私からは聞いてもいないのに、
 知らない人に言っても無駄だと思うなら最初から言わなきゃいいじゃないかなって思ったから。

 都合のいい逃げ口上のように思えた・・・。



 私はただ共感して「そうだね」とだけは言わない。

 「大変なのはわかるよ。」とは言ったものの、
 相手のことばかり文句を言っても仕方ないから、
 自分を変えた方がいいんじゃない?って思ったことを言っただけだった。

 その方が自分が楽だと思うから、
 自分が良いと重うことを提案しただけ。

 私はそう受け止めたいから。

 愚痴に共感するだけっていうのはナンセンスだと思う自分がいる。

 共感してほしい気持ちはわかるし共感できる部分がある時はするけど、
 そうは思えない部分には自分にうそをついてまで共感できない。

 「思ったこと言うけど今のあなたの言ってることは、
 他人のせいにしていて意見が違う人のことは「押し付け」としてシャットダウンしていると思うから、
 「人の意見を聞かない」と愚痴っているその相手の人と似ていると思う。
 相手は変えられないからそんな人はほっといて、
 自分が受け止め方を変えた方が自分が楽になるんじゃない?」と言ったのだった。

 その後続けてこうつけ加えた。

 「そういう状態の人って、
 共感されなかったら「お前にはわかんない。」って言うことも多いんだよね。」

 そうしたら、
 「そうやって決め付けられても困る。」と返された。

 似てる状態の人っていっただけで、
 「あなた」のことだとは言ってないのに、
 逆に自分のことだと思い込んでないかなぁ?と感じた。

 その後の展開は一方的に「もういい!」とぶっちぎり。

 「あ~、この人もなのかぁ。」と思った。

 このブログにコメントを書いて一人で「喧嘩してる」といっていた人と同じような展開・・・。



 相手が「他人のせいにして非難している」と、
 自分も人のことを非難していることには気づいてない。

 相手の「そこ」は思いっきりダメだししているのに、
 自分も同じと認めない。

 例え口では「わかってる!」と認めても、
 態度は正反対のように見えたり・・・。

 異論を言われると「押し付け」といいのけたり、
 「知らないからわかんないんだ。」と言ってみたり。

 言い訳や相手のせいや文句を言ったって状況はかわらないし、
 話した相手が状況を知らないなら尚更わかるわけないのは当たり前だし、
 聞いた相手はそのことから感じたことを言うだけだから意見の押し付けでも何でもない。

 私はどちらの場合も、
 「自分から話題をふっておいて、
 異論が返ってきたと思った途端に、
 そういう意見もあるんだな~と受け流さずに押し付けっていう受け止め方を自分がして、
  相手を攻める人なんだな~」と思った。

 私は単に、
 愚痴をいうなら愚痴を言わなくていい自分になった方がいいと思うんだけどなぁって言ったつもりなだけだった。

 状況がわからない相手に愚痴をいって、
 何を期待しているの?とすら思う。

 共感・同感してほしいだけなら、
 状況がわかってると思う人に愚痴ればいいだけだと思うから。

 そんなことより、
 愚痴を考える時間があるなら、
 愚痴らなくていいことを考えたほうが自分だって周りだっていい。



 そういう考え方になってみたら?という提案に対して「無理!」っていうなら、
 そりゃできないよ。

 最初から自分で「無理だ」という思い込みの規制をかけているんだから。



 相手のことが気に入らないのは、
 自分が同じものを持っているからなんだとはなかなか認められないものなんだね・・・。

 愚痴っている人の相手の話と、
 愚痴をいっている人自身にとても共通したものを感じることが多いのは、
 自分の嫌な部分を相手に投影して見出しているからだというのは正しいと思うことが多い。

 そんな相手を見ていて、
 そんな考え方しなくてもいいんじゃないかな~とは思っても、
 自分とは違う人だから仕方ないと思えてこきおろされても全然腹もたたなかった。

 単に、
 こういう受け止め方・考え方をする人は、
 こういう感情的な反応をするものなんだなぁと感じただけだったから。
 


 その相手には、
 「愚痴を言って発散させないと爆発するから仕方ない」とも言われたけど、
 愚痴を言って発散するんじゃなくて、
 違うもので発散できる自分になったら愚痴を言わなくてすむよね・・・と私は思うのだけど・・・。

 それを「気分転換が上手な人」っていうんじゃないのかなぁ?

 その方が自分も周りも楽だもの。

 愚痴は自分も周りも不愉快になることはあっても幸せには決してならない。

 本人は愚痴をいってすっきりすることが出来たとしても、
 周りは楽しくはならない。

 愚痴を言って幸せになれるなら、
 みんなとっくに幸せだよね。

 幸せだったら愚痴って出ないよね。



 おもしろいことに、
 愚痴を言う人って何度も同じ愚痴を言い続けることが多い。

 私も一時期愚痴魔になっていたことがあるから、
 愚痴を言いたい気持ちも、
 どうしてやめられないのかもわかる気がするからこそ、
 愚痴をいってしまう自分の考え方が良くないって心から思う。

 愚痴を言う人は一回じゃ満足できずにまた繰り返す。

 だから「愚痴を言わないと爆発する。」という以前の問題だと思うんだ。

 普段から愚痴を言わなくて済む考え方でいようと思うようになったら、
 愚痴がでることが少なくなったし、
 怒りが爆発することがあっても跡にひかなくなった自分がいる。

 愚痴がたまってから「愚痴を言うのをやめよう」と思っても、
 ひねった水道の蛇口と同じで止められない。

 ためない考え方でいることが大事なんだと思う。



 今回は身近な人だったから悲しくはなったものの、
 ひきずられて感情的になることもなかった。

 ただ、
 「あ~ダメだこりゃ。
 伝わらないなぁ。」と思って落胆しただけだった。



 私のまわりに同じタイプの人が多かったり、
 集まってくると感じるのは、
 私自身が今試されているからなのかもしれない。

 昔ならすぐにムッとしていたと思うけど、
 今回も、
 ブログで一人で喧嘩していると思っている人にコメントこきおろされた時も、
 感情的に何も感じなかった。

 矛盾している自分が見えてないんだろうなぁとしか思わない。

 説明だけはしようかと思ったものの、
 伝わらないだろうなと思ったし、
 伝える必要もないからまぁいいやと思った。



 問題はこきおろしてくる相手ではなく、
 その内容に自分が当てはまるかどうかだけだと思う。



 ちゃんと自分が以前とは違って自己が出来てきたか、
 考え方が変わってきたのか試されている気がした。

 引きずられて一緒になって感情的に言い返す自分だったら、
 全然変わってないと言えるのかなって。

 それじゃ昔の自分に戻ってしまう。

 以前からのつながりで自分の周りにそういう人が多いのは、
 過去の自分が引き寄せた結果だからと気づいた。

 これからはそういうタイプの人には引き込まれない自分になっていくしかない。

 もう、
 以前の受け止め方はしたくないから。

 愚痴を言うなら別のことを考えたほうがいいもん。

 

 今回のことで悲しくはなったけど、
 自分でイライラする考え方を選択するのは本人だし、
 それで本人がどんどんそういう受け止め方をするのなら仕方ない。

 愚痴をまかれた周りはいい気分になることはないし、
 舌うちされれば嫌な気持ちにもなる。

 自分が他人の不快感に巻き込まれないようにするために、
 距離を離していくのは仕方ないのかもしれない。

 「他人の不快感はその人のこと、自分は自分」
 


 ただ、
 相手が親だろうが身内だろうが親しい人だろうが、
 そんな考え方のままでいる相手からは、
 どんどん遠ざかっていく自分の心が感じられた。

 そんな人とは信頼関係は築けないと感じる。

 相手にシャットアウトされてるんだもの、
 仕方ないかも。

 そんな考え方に共感したいとも思わない。

 幸せに近づけないと思う考え方に魅力を感じない。

 それに、
 仕方ないって受け流す受け止め方を選んだのは自分だから。

 離れていってもまぁいっかってね。

 相手は相手だから。



 相手には10分ほどたってから、
 「イライラしたらキウイがいいよ。」とすすめたものの要らないと言われたので、
 「イライラさせたらごめんね。
 でも、
 これでも私は愚痴を言わない考え方でいようとしているつもりなの。」とだけ言った。



 これらのことから、
 異論を言ってくれる相手に対して「意見の押し付け」だと思ってしまえば、
 相手は今後意見を言ってくれることはなくなる気がした。

 それは自分から、
 自分が変わるチャンス・気づけるチャンスを放棄してしまうことにもなる。

 異論だと反発してしまうことは自分のためにはならないから、
 どんな意見も自分に向けて言ってくれたものなら、
 耳をかせる余裕の持ち合わせがある自分でいた方がいいという気づきのメッセージなのだと思った。



 どう対処したらいいのか、
 相手にふりまわされないのか試されているんだ。

 余裕がある自分でいられているか、
 客観的にいられるか試されているんだ。

 私はもうそこには戻りたくないの・・・。

 そんな考え方には戻りたくないの・・・。



 「そんなやつが多くてどうにも出来ないことが多いから、
 最近は鬱になるのが多いんだよ。」とも言っていた。

 それを聞いて、
 鬱になって一度は堕ちた自分だからこそ思うことは、
 「普段自分が鬱になる考え方をしていたから鬱になってしまうんだ。」ってことだった。

 愚痴をいう考え方、
 相手のせいにしていることに気づいてない考え方、
 周りが理解してくれないことに対して期待や落胆ばかりする考え方、
 自分は間違っていない・相手が間違っているという思い込み、
 自分さえ我慢することが謙虚なことだと勘違いしている考え方、
 そんな要素がたくさん集まって「鬱」になる考え方になっていくんだと思うから・・・。

 鬱を引き寄せるのはまわりの環境ではなく自分自身。

 まわりの環境はきっかけを作っているにすぎない。

 その状況を乗り越えられる考え方でいられたら、
 鬱にならずにすむ。

 こきおろされてもふりまわされずにすむ。



 気分転換がうまい人や前向きな人は常に望みを捨てないから、
 悪いことばかりを気にしないから、
 良いことに気づくのがうまいから、
 だから鬱にはなりにくいのかもしれないって思う。



 そこから抜け出したくて、
 もう戻りたくなくて、
 私は人格障害的・鬱的考え方について学ぼうと思ったのだから・・・。



 鬱だったからこそ言える。

 「その考え方は良いとは思えない。」ってこともある。

 コメントに対して、
 その考え方は良いとは言えない=悪いととらえたのかな?と感じたことがあっけど、
 良いとは思えないって言うのは、
 他にもっと良いと思える考え方があるというだけで、
 「=悪い」というわけじゃない。

 精神科的にも、
 心理学的にも、
 もっといい考え方がある・良いとは言えないといわれているならなおさら。

 その考え方自体は「悪い」とか「普通」とか「やや良い」とか白黒つける必要もないと思う。

 ただ「良い」ではなないだけ。

 そこが伝わらないなら、
 白黒思考の部分がある人かもしれないとあきらめるだけ。



 体を鍛えるのも毎日少しづつ続けることが大事だと言う。

 心の健全性だって同じだと思うんだ。

 毎日チェックしていないと、
 心だって曇ってしまうんじゃないかなと思った。



 ネットをいろいろ見ていると、
 「人格障害にふりまわされた被害者の会」なんてものもあったりする。

 そこでは大抵「自己愛やボーダーは迷惑なことしかしてこない。」とか、
 「他人をふりまわして平気な顔をしている悪魔」とか、
 「人格障害のせいでボロボロになった」というコメントが多く見られる。

 確かに関わった結果にボロボロになると言うのはそのとおりだと言える部分はある。

 私自身も関わった結果、
 ぼろぼろになったからすごくよくわかる。

 でも、
 それは相手が悪いのではなく、
 そういう人を引き寄せている「自分自身に原因や理由がある」のだと思う。

 同じ人に関わってもぼろぼろにならない人だっている。

 気に入らない・合わないと思う相手には好きだと思う相手よりも関わりたがらないものだから、
 ふりまわされてぼろぼろになることはあまりないように思う。

 自分が「引き寄せる理由をもっていてぼろぼろになってしまうメンタルな部分を持っていたから」なんだと思う。

 人格障害的な人に関わったことは単なるきっかけに過ぎなくて、
 そこに反応して自分の心をぼろぼろにしてしまったのはほかならぬ自分自身。

 関わっても、
 ぼろぼろになるほど関わるだけの理由や縁がなければその関わりは深くはならない。

 関わったことがきっかけだとしても、
 結果的に自分が持っていた心のゆがみや弱さから自分で壊してしまうんだと思うから・・・。

 人は自分に共感してくれる人や似た人を好んだりするので、
 人格障害的考え方と異なる考え方だと、
 深く関わってぼろぼろになる前に終了することも多いから、
 ひきずりこまれることも少ないんだよね。

 考え方のゆがみがある人と似た何かを持っているから、
 自分で引き寄せてさらに深く関わってしまう。

 もし、
 自分にそういう要素があって引き寄せてしまっうのだとしても、
 受け止め方をしっかり変えて「マイナス原点方式」な考え方をやめられたなら、
 深く影響を受けることも少ない。

 だから、
 考え方のゆがみのある部分と思えるところで相手と意見があわないとしても、
 決して悪いことではない。

 こきおろされても悲観することもない。

 考え方のゆがみの部分と似た考え方や受け止め方があまりないなら、
 影響を受けたり関わることは少なくて済む。



 自分からみて魅力的でない考え方だと思う人を引き寄せるのは、
 自分の考え方を振り返ったり整理するために必要だからなのかもしれない。

 幸せのパラドックス同様、
 幸せになる考え方に対するパラドックスという意味なのかな。



 相手の嫌いだと思う部分・嫌だと思う部分は、
 自分の中にある嫌な部分。

 それは他人を見ているとよくわかる。

 他人からみたら客観的に見えやすいのだから、
 自分にも同じことが当てはまるのだと受け止めて、
 嫌いな人を嫌いだと思わなくてすむ考え方を探すことは、
 嫌なことに対して愚痴を言わなくてすむ自分になる。



 自分がなりたい考え方の人だって引き寄せられるのだから、
 今度はなりたい自分に似た要素を持つ人を引き寄せたいな。

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理人にだけ表示する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sunnyplacejena.blog105.fc2.com/tb.php/216-759ecdb0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。