スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己管理という名の時間 

 『時間管理は、実際は「人生」管理であり、「自己」管理である。それは「行動」をコントロールすることだといっていい』 

                       -  「カエルを食べてしまえ」 ブライアン・トレーシー 著 より



 自己管理と聞くと、
 自分のスケジュール管理をすることだったり、
 体調の管理をすることだったり、
 自分に対して「責任」を持ってすることというか、
 一見難しそうで大人だったらできて当たり前?っぽいイメージだったりするが、
 やってみようとするとそれがなかなかうまくいかないことも多い。

 自分なりに自己管理について細かく砕いてみたとき、
 ↑の言葉を見て、
 確かに「自分の時間を管理すること」だなぁと気づかされた。

 一日のうち、
 意識的に自分が左右することができる時間をどう過ごすかで、
 自分の一日が決まり、
 その積み重ねで自分自身の未来も決まる。

 自分自身の未来を作っている行動は自分の考え方や捕らえ方からくる。

 どういう時間の使い方をするかは、
 結局自分自身の価値観という考え方で決められる。

 自己管理という言葉ばかりに目がいって、
 実際の時間を無駄に使ってはいないだろうか?と思った。

 自分に一番いい時間の使い方が出来る人が良い効率を出せて、
 それが結果的に自己管理できていることにつながるのだとしたら・・・。



 時間を有効に使うとはどんなことだろう・・・?

 何をしたら有効に使えたといえるのだろう・・・?

 そう思ったとき、
 自己管理なんて難しく考えなくても、
 「過ごした時間を無意味にしない」ことが大事だと思った。

 何もせずぼ~っとしているだけでも心が安らぐなら、
 それはある程度は必要な時間だと思う反面、
 何かをやっても全て裏目にでただけだったと思えば無駄な時間になってしまう。

 何かをしたから有益、
 何もせず過ごしたから無益的な時間の使い方という安易な振り分けではないところに、
 本当の有益な時間の使い方があるのかもしれない。



 一見無駄に思えても、
 そこから何かを感じ取ることができるなら、
 きっと無駄ではなく必要な時間だったといえるんだと思う。

 止められない時間の中からどれだけのことが感じ取れるのかで、
 自己管理が出来るか出来ないかも決まるのかもしれない。



 幸福のパラドックスというものがあって、
 生まれてから幸福しか知らない人は、
 自分が幸福であることには気づかないもので、
 対極にある「不幸」や「つらさ」を味わった瞬間から「幸福」に気づけるようになるのだとか。

 つらい記憶やつらい思い出も、
 全てその反対にある「当たり前に思っていた気づかれなかった真の幸せ」に気づくためにあるのだとしたら、
 全てのことに意味があり価値がある。

 明日がくることが奇跡だということを一番理解できるのが、
 命の時間に期限がついた人たちであるとも言えるように・・・。



 何か不都合に思えることがあると「何かのせい」にして愚痴をいいたくなる気持ちを一瞬止めて、
 何かに気づけるかな、
 どんな意味があるのかな、
 と考えられることが、
 小さな幸せを見つける近道なのだと思う。

 自分に不都合ととるのも、
 自分に対するメッセージが隠れているととるのも自分しだいなのだしね。

 日々繰り返される世の中の不都合に不満を抱いても自分でどうにもならないことは多いのだから、
 自分がどうにかできることから「どうにかしよう」としてみよう。

 どうにもならないことに注目するより、
 自分がどうにかできることを1つやってみる。

 1つ出来たら2つ、
 2つ出来たら3つ、
 そしたらいつしか100こできることになる。

 失敗することには意味がある。

 理由があるから失敗する。

 何か気づけることがあるから。

 転ばなきゃ気づけないことがある。

 うまくいかないように見えても必ず自分のためになることがあるから、
 怖がらずにまっすぐ受け止めたら、
 きっと乗り越えられる。

 本当に怖いのは、
 何も気づかずに「無駄だった」と思ってしまうことなのかもしれない。



 自己管理をすることは、
 自分の出来ることをひとつづつ知ることから。

 自分が出来ることをひとつづつ増やしていくことから。

 自分が出来ることと出来ないことを理解して、
 自分ができることをひとつづつ行動に移していくこと。

 そうやって少しづつ本当の自分を知ることで、
 自分の夢と理想が近づいてくる。

 気づきのない「無駄」な時間にしてしまうのも、
 気づきのある「有意義」な時間にしてしまうのも自分。

 自己管理の第一歩は、
 自分の時間からなるべくたくさんの気づけることを見つけられること、
 有意義な時間だと受け止められるようになること。



 できることからはじめよう!

 必要なことからはじめよう!

 思ったときにはじめよう!

 自分の心の中をECOしよう!

 思ったときにやらなかったら、
 いつまでたっても出来ない。

 チャンスは「いつか」やってくるのではなく、
 思ったとき、
 気づいたときがチャンスのときなのだから。



 自分の時間を濃い時間に出来たらいいね。

 今日はいくつの気づきに出会えるかな。

コメント

コメントの投稿















管理人にだけ表示する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sunnyplacejena.blog105.fc2.com/tb.php/213-b55b5293

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。