スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/3の法則 

 不幸に思えることは避けたいのが本能かもしれないけど、
 不幸を避けたがる人は幸せを避けているというのは「金持ち父さん」。

 そういえば、
 ゴミに気づかず拾わない人は、チャンスにも気づけないというし、
 根底は同じことなのかもしれないね~。

 何事も「近道は遠回り」っていうことなのかな。

 未来のことは誰にもわからないけど、
 「今の行いが未来を決め、未来の自分になる」。

 一見ムダに思えることも、全ては何かにつながっている。

 道に落ちてるゴミを拾うことだってムダに思えるかもしれないけど、
 ゴミを拾っている人とポイ捨てする人とどちらが他人のためになるかといったら、
 答えは見えている。

 自分の利益や有利さを優先するか、
 人のためになることを考えるか。



 メルマガに「1/3の法則」というものがのっていた。

 この法則によると、
 人ははじめから1/3づつしか存在していないんだそう。

 「やる人1/3・やらない人1/3・臨機応変にどちらにでもなる人1/3」

 こんな感じに人はわけられるとか。

 メルマガから抜粋すると、
  「たとえば、行動についていえば、
   どんどん前に出る人、つまり行動を極端にする人が1/3。
   引っ込む人が1/3、そして
   状況次第という人が1/3いるのです。

   同様に、よく考える人が1/3、考えない人が1/3、
   状況次第の人が1/3います。
   自分を実物より大きいと思っている人が1/3、
   小さいと思っている人が1/3、
   状況次第で大きくも小さくも感じる人が1/3。

   どこかへ行くとき、大勢で行きたい人が1/3、
   ひとりで行きたい人が1/3、状況次第の人が1/3です。

               メルマガ-幸せ「ことば探し」」



 人は状況に応じて1/3のどれかに分類されるという。

 「白」と「黒」と「グレー(中間)」ということかもしれない。



 ボーダーと呼ばれる人たちの選択肢は白と黒の50:50しか持ち合わせがない。

 「グレー」が欠けているから認知障害たる所以なのだ。

 3つから選ぶのと2つから選ぶのじゃだいぶ違うものね。



 この1/3の法則を考えたら、
 自分とは違う感覚を持つ人がいてもおかしくないって納得できる。

 自分が白だと思っても相手が黒だと思うのは、
 自分以外の2/3の人たちだからなんだ。

 そう思えば「まぁいいか~仕方ないか~」って気もしてくる。



 誰もが1/3の法則で分類されるから、
 自分が人と違ってもいいんだよ、ってね。

コメント

コメントの投稿















管理人にだけ表示する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sunnyplacejena.blog105.fc2.com/tb.php/197-e8920a42

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。